個人差
自然治癒
一般に多くの健康製品、美容製品、ダイエット製品等が売られていますがこれらを使用して効果がある人、ない人が存在するのは何故でしょうか?製品の開発にあっては色々な試験やデーターを元にして行われていきます、基本は体内外とも健康である人に対しては有効なものが多いです。
では健康とは言えない状態の人に対しての効果はどうであるか?と聞かれると答えようがありません。何故なら、どのようにしてそうなったかという根本が分からないなからでしょう。病気などの原因は一つではない場合が多いのです、精神面から、あるいは環境から、些細なことを見逃して積み重ねてきたのが原因かもしれません。人間である以上だれでも間違い、あやまちはあります、また不特定多数の原因もあるでしょう。機械のように人間がこしらえたものは部品を交換したりして修理が可能ですが、生き物に関しては人間がこしらえたものではないので完璧に修理(治療)するのは現在の技術ではまだ程遠いです。ですが原因が明確である場合は幾分可能になります。しかし、ここに至るまで時間が掛かります。それがどのくらい掛かるかわからないのです。ある人は即効、ある人は早く、ある人はゆっくり、ある人は相当長く時間が掛かりますこれが個人差と呼ばれるものでしょう。

人間の体は誰でも先天的に治癒しようとする働きを備えているのは事実です。(中には先天的な障害でこの働きの無い人いますが…)これを自然の力といい自然治癒効果と呼びます。有害である以上なにの役にもたたない放射能でさえ何万年もかかって無害になりますが、これは自然で定められた法則(消滅周期)の上になりたっているからです。生き物の内部は小さな宇宙と言われています。いろいろな細胞から善玉、悪玉バクテリアまで共存しています。さらにそのバクテリアの中にもこれまた小さな宇宙が存在するので結果的には無限の宇宙だと言えるかもしれません。それを解明するというのは不可能でしょう。広大無限の宇宙の中に銀河系があって、その中に太陽系があり、ちょうど良い位置に生命が生存できる条件を備えた地球が存在します。その中にバクテリア程度の生き物(人間)がいて、さらにその体のなかにも非常にちいさなバクテリアがいて、さらにはバクテリアの中には...堂々めぐりですね。

これを解明するなど愚かの骨頂になります。ですが自然の法則を理解して、活用することはできます。活用することは手助けをしてあげる、または良い条件を与えてあげることです。これによって自然の法則に加速が加わります。これが自然治癒の原点でしょう。地上は人間が支配していますが、地球規模でみると人間は体内にいるバクテリアに等しいのです。その人間が自然を破壊したりして環境汚染をばら撒き地球という生き物のなかで暴れています。地球はたまったものではありませんので、本来備えている自然治癒の働きを始めます。これは人間にとって自然災害と呼ばれる害になります。地球は太陽系にたった一つしかありません。人間の体もたった一つです。地球は自然の法則を守っているのに、人間は自然の法則というものをよく理解していないので守っていません。無知より怖いものはないでしょうに。。現在の段階では地球より人間のほうが強いのです。これを体に当てはめると顕微鏡でしかみることの出来ない微細バクテリアに、人間は負けてします。つまり、バクテリアのほうが強いということになります。さらにはバクテリアの中にある小さな...これも堂々めぐりですね。

バクテリアが人間のように自分で考え、行動するとしたら人間はたまったものではありません。これらが行動を開始するのはなんらかの理由あるいは原因があるからですがちゃんと法則を守っています。つまり法則を守らない人間が行動の動機を与えていることになります。共栄共存と言葉がありますがこれは自然の法則を守ってこそ成し遂げられることなのです。

話を最初に戻しますと、効果がない場合はダメだと決め付けないことです。何故効果がないのかは、別のところに原因があるからだと思ってください。選択を誤ると時間と浪費の無駄に終わってしまいます。自分も過去にいろいろと健康食品などを試してみましたが、選択を誤ったのか、別の原因があったのか、謳われていたような効果が表れませんでした。そこでいろいろと勉強してみることにしてみました。医者嫌いなので、病院にもほとんど行きません。しかし、効果のあったものもありますので、そのときの状態や選択の方法は正解だったと思います。

自分の今の健康状態は?と聞かれると健康です!とは声を大にして言えません。自分の体は自分が一番よく知っていて、他人からは判断できません。頭痛がすると言ってもどこが原因でそうなったかはわかりません。様々な原因があるからです。一応クスリを飲んで応急措置をしますが、完治したとは言い切れないです。それに人間の体は依存症とか適応症とかいって、慣れてしまうように出来ていますので合わないものでも平気でいられるようになります。こうなると厄介でなかなか直らなくなります。自然治癒に対しての防御壁のようなものでしょう。それともうひとつ、信じ込むという暗示作用もあるようです。
戻る